美しい国 日本

短い旅でしたが無事二ューヨークから帰りました。
20時間余かけて行きわずか3泊ですから貴重な時間を、それでもゆったりすごしました。

目的のお花研修では、ニューヨークでお花を見つけるのは至難の業です。
ショップ、会社、ホテルなど優雅ないけばなは皆無でした。
もちろんフラワーデザインもです。
宿泊のシェラトンホテルも、ヒルトンホテルも、胡蝶蘭の鉢がロビーに飾ってありました。
鉢の中に雲竜柳が一緒にアレンジされていましたが、みずみずしさとは縁遠く、何ヶ月も置かれた鉢のようです。
雰囲気はシノワズリーが意識され、東洋がニューヨークでは新鮮なのかも知れません。

教会、美術館、フランスに本社を持つブランド店、ホテルにはさすがお花がありました。

メトロポリタン美術館ロビーには5箇所大きなポットに彼岸桜が生けられ、このお花に癒されましたがもっと感動したのは、メトロポリタン美術館の一生涯にわたり、お花がいけられる様に、ある女性が費用を寄付されていることです。
そんな粋な人にお会いしたいです。

ニューヨーク出発日の午前4時、激しいルームのスピーカーにただ事ではないと飛び起き、トランクを引き下げて廊下に出るとすでに煙りくさく、火事の様子!!!!
エレベーターも動かず、同宿の人たちと非常階段で脱出しました。
76階ぐらいのホテルでしたが、幸い14階からの脱出はトランクの重さも何のその。
残念ながら語学力がないため出火原因と現状把握もできないままフロントにたむろすること2時間半、6時半の出発時間を無事迎えて空港にたどり着きました。
冷夏13~15度の気温で、電気をフル回転の結果、配電盤からの出火だったようです。

何につけてもニューヨークは乾いた国でした。
日本は本当に美しいお国ですね♪

f0042310_2737.jpg

[PR]
# by felicite_heart | 2007-02-17 01:42 | Comments(0)

今週のキーワード

算命学は、切り口がたくさんあるため、時々その複雑さに音をあげることがあります。

覚えるのではなく、キーワードをしっかり理解すると、判断がしやすいと思います。

今週のキーワードは、大運天中殺、年運天中殺が重なって、さらに干合の年は考え方が大きくぶれる(横道にそれる)と捉らえると解決すると思います。

ぶれるといっても、良いほうにぶれることもあれば悪いほうにぶれると言う場合もあります。
10年に1年そんな年が回ってくるというのも神様の思し召しでしょうか。

おおむねこんな年は算命学では、運がストップすると判断します。

生年月日に潜む不思議な世界は奥が深く、魅力です。

明日からニーューヨークに出かけます。
空を飛びながら、しばし自分を見つめたり、外から自分の国を思ったり、今年やってくる天剋地冲を瞑想の中でイメージしょうと思っています。

天中殺はありませんが今年は私も干合の年ですから、考え方が変わるのかも知れません。
ブログも1週間お休みです。
[PR]
# by felicite_heart | 2007-02-03 22:28 | Comments(0)

ないがのごとくある花

最近はなんとなくある花が好きになりました。
ないがのごとくある花??
邪魔にならない花とでもいいましょうか、さりげないお花、
枯れるのが魅力のひとつかも知れないけど、枯れないのも好きです。
人は本当に、そのときの気持ちで都合の良いほうを選びますね。
f0042310_22564719.jpg

[PR]
# by felicite_heart | 2007-01-29 22:56 | Comments(0)

心と身体

当たり前のことですが、人間も動物も、走りたいと思うから足が出て走り始めます。
ほしいと思うから、買ったり、手に入れたいと思うから、そのために努力をしたり、
世界中の人がきっと、心で思ったことを実現しようと行動しています。

算命学では心を表すための符合を、 甲乙丙丁戊己庚辛壬癸  十干(じっかん)であらわし
現実を表す符合を 子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥 の十二支を使います。

自分の生年月日が持つ、三つの心を表す符合と、 三つの現実を表す符合を、解明しながら自分探しをします。

自分探しの中でどう生きたら、楽に生きれるのか、またあえて反対に進むことで、どんな努力が要るのかとっても楽しい世界に入れます。

心と身体は=精神と現実です。

十干は、木 火 土 金 水 の五つに分かれていて、さらにその質は陰陽(+ -)に分類され十の質になります。
私の精神を表す十干は、壬水です。自然界の事象に置き換えると大きな海です。

窓から見える大きな海を眺めながら、心地良い日曜の朝を楽しんでいます。
[PR]
# by felicite_heart | 2007-01-28 12:30 | Comments(0)

いよいよ困ったときの救いの神

算命学は、質問、疑問に的確な答えを用意して待ってくれています。

生年月日から伺える、私にとっての ~いよいよ困ったときの救いの神~ は 「自信」です。

精神的な意味ではなく、常に自分を鍛えてそれが「自信」につながり救いとなってくれる。
つまり、「実力をきちんとつける」ということです。

自分をよく知っていますので、理解できます。

横着者ですから、何もなければずっと寝ていたい、やらなくてもよければやりたくない、
率先してみんなの見本になるようなことは絶対いや!!
なのに、いつも働き者のように働いています。
あまり寝ていません。
きっと神様がお見通しで、自信がつくまで、毎日鍛えてくださっているのでしょう。
やらなければならないことの多いこと♪
毎日やりのこしに後ろ髪を引かれながら、まだまだ鍛えられています。

今年あたりボツボツ、鍛えていただくのを手加減していただきたいですね。
[PR]
# by felicite_heart | 2007-01-25 23:59 | Comments(0)

バレンタイン

昨年末以来 「愛」 渇いた愛の痛ましさを感じた年はありません。

もうすぐバレンタインですね。
小さな愛をどうぞ♪

f0042310_7575985.jpg

[PR]
# by felicite_heart | 2007-01-23 07:50 | Comments(0)

花で人は変わる

毎週100人以上の方に出会っています。
あいだにお花を通して。
みんな嬉しそうで、いやいやながらお花をいける人はいません。
苦しんでる人はいますよ!
自分らしいスタイルから何とかして脱皮しようと。
正直なかなか脱皮できないんですよね。
人から見れば、その人らしさが魅力なのですが、自分の中では、もっと違う自分探しを始めているのです。

お花をいけるという事だけに集中している人の、純真な姿に毎日出会わせてもらっています。
最近思い始めたのですが、こんなに痛ましい事件が多い世の中、お花の力で何か変えることができないかしら?
きっとできると思えてきました。
~お花をさわる~ ~お花にふれる~ ~お花をいける~
きっと人に、やさしさがもっともっとふえると思います。

さあ!!お花生活を楽しみましょう。
違う自分を発見できますよ。
[PR]
# by felicite_heart | 2007-01-20 15:34 | Comments(0)

立花

今日から今年の自宅レッスンが始まります。
始めというのは何度訪れてもうれしいですね。
年の初めの初めての出会いはやっぱり気持ちが高ぶります。

今年から若い生徒さんたちが、池坊の立花を頑張りたいと申し出があり、早速今日からレッスン始めました。
500年以上受け継がれてきた池坊の根幹にある、和の精神から生まれた立花は、複雑な中にも整然とした格調の美があります。
生徒さんのほうからやりたいと言う声が出たことに、感動です。
今年の目標がまたひとつ増えました。
気楽に楽しめる立花を通して陰陽の妙を実感してほしいです。
[PR]
# by felicite_heart | 2007-01-11 00:33 | Comments(0)

浅き川も深く渡れ

年頭に心の扉を開いてくれた言葉に出会いました。
写真家、星野道夫の少年時代の言葉です。

算命学は自分の宿命と、運命と、運勢を語ることが出来ます。
その中で道しるべになっている10年毎の大運があります。
大運の一番初めを初旬と言い、その初旬に宿命の持ち主の人生最終目標を暗示してくれている星があるのです。

私は玉堂星が人生最終目標の暗示です。

「浅き川も深く渡れ」 

昨夜は自分が求めていたのはこの言葉の中にあるような気がして、幾度も情景を思い描きました。
高齢になると残り少なさに翻弄されて、爽やかとか、美しくとか、軽やかとか,出来るだけお荷物を軽くしようと本能で察知しています。
私の最終目標は、もっと川を深く渡れと教えられました。
自分にあった言葉に出会うとうれしいです。
[PR]
# by felicite_heart | 2007-01-05 14:12 | Comments(1)

天中殺による今年の運 

天中殺とは、次にダッシュするための、充電期間です。
10年パワーを使って、2年間充電します。
充電期間にわがままを出したり、欲を出してたりしていると、怪我の元です。
ゆったりすごし、勉強したり、時には遊んだり、ゆっくり休養すりと心が充実してきます。
怖いことや、悪いことが起こると言う意味ではありません。

しかし、その人その人に天が与えてくれた、お休みタイムがあります。
自分のお休みタイムをを知ることで、迎える年を悠然と過ごすことが出来ます。
私は算命学をすべて信じてその通りに過ごしてはいません。
でも自然が与えてくれた自分ということを大事に思うところから、良いところを取り入れて過ごしています。
いろんなことを教わりました。
昨年は体調を崩す年で、少し痛みましたが、これくらいでよかったと思っています。
いろんなことを受け入れる技を身に付けさせてもらえました。感謝しています。

私の今年は精神的に自分を磨いていく年です。
昨年の出会いをいかし、自分の知らない世界の知識を吸収。
今年からまた新たな学びをはじめ、マンネリ化しないこと。
変化の年。発想の転換を求められる年。明るくなる年となっています。

まだまだ学ばないといけないことがあるらしく、人生なかなかですね。
[PR]
# by felicite_heart | 2007-01-03 00:40 | Comments(0)