花のある暮らし

今日10月8日 干支暦 「5戊辰」
不動の存在、人々に計り知れないほどの影響力を与える。
冷厳でなぜか神秘的な気風を漂わせる。

こんな日に丁度フェリシテのデザイナーK 母娘は屋久島登山計画。
今朝5時から標高九州一と言われる山に登っています。
山がそそり立っているそうです。
f0042310_18222355.jpg
戊辰所有の方は将来
強い精神力と逞しい生活力で
自分の人生を自分自身で築き上げるタイプ!!

素晴らしい♬

今日の教室準備のため昨夜は睡眠不足(^_-)-☆
今夜は早寝しますよ。
睡眠負債を溜めないように。


[PR]
# by felicite_heart | 2017-10-08 18:26 | 花塾花サロン | Comments(0)

花のある暮らし

明日10月7日(土) 干支暦 4丁卯
自分の理想とロマンチズムで行動を起こしてみませんか。
香木…気品漂う優雅な香りを感じる日に成るはず。
f0042310_22175710.jpg
ウエディングブーケを制作したときにブーケを持ってもらうドレスを自宅クリーニングしました。
ついでに室内の掃除、等々。
一つを綺麗にするとあちらもこちらも綺麗にしたくなりだ断捨離決心で潜んでいた
「おかたずけ魔」が登場してきました。
丁度「禅に学ぶ暮らしの整え方」という本を読んでいるので良いタイミングです。

「物とこだわりを手放せばすっきりとシンプルに暮らせます」とのこと!!
何事も「とりあえずやってみる」姿勢が大事だそうです。


[PR]
# by felicite_heart | 2017-10-06 22:30 | 花塾花サロン | Comments(0)

花のある暮らし

10月6日(金)干支暦 3丙寅

丙は天上にあり人の手ではコントロールできない巨人、太陽です。
人の宿命に置き換える命力そのもの、命の泉!!
下支えの木性が天の火性をを生じてくれます。
支えてくれる存在こそが有り難い。
「世の為人の為全力で働く」そのような感覚を身に付けていたいですね。
10月6日の空気はきっとエネルギッシュです。
f0042310_01035546.jpg
2~3週間前に5センチ位の白菜苗を植えたのですが幅30センチ位になってました。
寒冷紗をかけて虫が入らないように管理してるので、はぐって覗いてみました。
何もお世話してないのに元気ですくすく育ってます。
可愛い~~~これも指導くださる方のお陰です。


[PR]
# by felicite_heart | 2017-10-06 01:11 | 花塾花サロン | Comments(0)

花のある暮らし

10月5日 明日の干支暦 「2 乙丑」
マイペース。
着実にゆっくり。
経験、努力がポイント。
理論を避けて進みましょう。
f0042310_23500976.jpg
お隣の神社にのぼりが立ちました。
秋祭り。
週末は奉納神楽も舞われます。
神社の隣に住んでるので早朝かしわ手のパンパンという響きが幾度となく聞こえ
清々しさに毎朝励まされています。
f0042310_00041375.jpg
I様生花 時の花には敬服。
宇宙のパワーから時を見計らって送り出され今咲いてると思うと愛しいです。

f0042310_00110598.jpg
プリザ ゴールドマウンテンアレンジ
「ゴールデンイエロー」は人気ですね。



[PR]
# by felicite_heart | 2017-10-05 00:16 | 花塾花サロン | Comments(0)

花のある暮らし

10月4日 明日の干支暦は 「1番 甲子」
一丁目一番地って感じですね。
忍耐強さによって開運するチャンス日かもしれません。
自立、独立、自営で活躍。
夢や希望、ロマンを持って理性と精神の強さが大事。

f0042310_21272038.jpg
今朝6時、宮島さんは霧の海でお目覚め
 毎朝手を合わせています。
f0042310_21344910.jpg
植物は根を持ち、種を残し
強く、美しくたおやかに生命を運んでいます。
「リセット」という言葉を政治家さんから聞いたときは
反発したくなります。
リセットは「ゼロ」に戻すですよね!!
過去の酉年も様々ドラマティツクに世の中が動いてきたのを思い起こすと
国中が大事なことをよくよく考えましょう「年」かなと思うところです。











[PR]
# by felicite_heart | 2017-10-03 22:09 | 花塾花サロン | Comments(0)

花のある暮らし

10月3日 明日の干支暦は「60番 癸亥」

自然界の事象で判断すると、天地一体の豪雨と眺められます。
つまり忍耐、努力が必要な日。

仕事で厚い壁にぶつかっても、まわりに少々苛められても
自分がこうと思う考えの中にまわりの人を巻き込んでしまう。
今日はこんな日だと思うと力が湧いてくるはず♬

f0042310_23115518.jpg
クリスマスアレンジの準備が出来ました。
新商品 ローズはないろ
カーネーションはないろ など次々プリザーブドフラワーが進化しています。


一日の終わり ブログを楽しんでます。
なんといっても「明日」のことをあれこれ想いながら今日を終われることにありがとうです。

明日は中国新聞文化センター廿日市メディアステーション教室です。
(教室へのお申し込みはアルパーク教室へ)
PM1.00~4.00 オープン教室ですから通りがかりにどうぞお立ち寄りください。
ネスプレッソコーヒーでお待ちしてます(^_-)-☆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大変申し訳ございません。
トレジャーBOXアレンジ 完売になりました。
どうぞよろしくお願いいたします。







[PR]
# by felicite_heart | 2017-10-02 23:24 | 花塾花サロン | Comments(0)

花のある暮らし

明日10月2日の干支暦は「壬戌」
しゅう雨の晴れ間。
自然界の事象に置き換えると、乾いた大地に乗る大海、大湖、大河の情景。
乾いた大地に乗る水は直ちにその形態を失う要素あり、その為しゅう雨の晴れ間と表現。
にわか雨のような意味が付けられています。
きっとこの時間も東京では選挙の為の作戦、駆け引き、もろもろ交錯していることでしょう。
国民の一員としても終日ニュースが気がかりでテレビをつけたり消したり。
落ち着きのない一日でした。
f0042310_23005943.jpg
世間一般10月ともなればクリスマス、お正月はもうすぐです♬
小さなリース。
最近はデイサービスでプリザレッスンを喜んでいただいてます。
小さなリースですがご家族の輪の中で歓迎していただけるハピネスリースです。






[PR]
# by felicite_heart | 2017-10-01 23:14 | 花塾花サロン | Comments(0)

花のある暮らし

突然思いついたことを実行!!
人が楽しそうにしているのを見るのは幸せですね。
「ワインセミナー」に参加しました♪
何年もお酒を飲んでいないのでちょっと躊躇ですが
ホテルグランビアのソムリエ「前岡哲也」さんの軽快で幅広い講座内容に
引き込まれた2時間です。
「シルクロードを渡ったブドウ」「なぜ日本では根付かなかったのか」
「ワインの文化や歴史、テイスティングで特徴を楽しむ」

今年我が家の庭で山ほどブラックべリーが収穫できたので
一瞬「ブラックベリーワイン」は出来ないかな?
なんて突飛な思い付きが導入部門です。
f0042310_21441828.jpg


f0042310_21445873.jpg
来月はホテルシェフの日本料理付きだそうです

f0042310_21525019.jpg
何時の日かマイホームでワインパーティーしたいですね。


[PR]
# by felicite_heart | 2017-09-30 21:56 | 花塾花サロン | Comments(0)

花のある暮らし

政治を語る力量は皆無だけど、解りにくい!!
勝つ為にはどんな事も罷り通すのかと思うほど、素人には
理解不能。
こんなのを大人社会と子供達が信じてしまうと未来が心配です。

私が住んでいる周辺は少し車を走らせると稲穂が黄金色♬
雨を避け収穫を早めた稲田や、気候のタイミングを見計らっている田など
労働と汗の結晶が伝わる見事な田園風景に心を寄せています。

f0042310_22385628.jpg
f0042310_22391126.jpg
実家寺の本堂改修にかたずけボランテァに通っています。
休憩中気が付くとお上人様と向き合っていました。


[PR]
# by felicite_heart | 2017-09-27 22:44 | 花塾花サロン | Comments(0)

花のある暮らし

世の中がわさわさしてきて、テレビに釘付け!!
魑魅魍魎の政界を少しでも理解したいと思いながら見ています。

9月も終盤、秋野菜の種を蒔きました。
一週間も経っていないのに「芽」が出てます。
「蒔かぬ種は生えぬ」・・・実感!!
f0042310_22161319.jpg
f0042310_22183206.jpg
2018年のラッキーカラーを取り入れたアレンジの用意が出来ました。
干支「戊戌」年
黄金の大地を育みましょう。

明日 9月27日(水)
廿日市教室 気楽なお茶会
PM1.00~4.00
お喋りしましょ。
お待ちしています。


[PR]
# by felicite_heart | 2017-09-26 23:09 | 花塾花サロン | Comments(0)