一炷香(いっしゅのこう)(一筋の香、この中に幽玄の世界を感じる)

先日「雲井の桜」と銘した羊羹を頂きました。
切ってみると中にはんなり桜色の花が馨しく練り込まれていて,一服のひととき幽玄の世界を静かに頂戴しました。
今年は予想外に開花が早いお花見に引き寄せられ「花が咲くうれしさ芳しさ」を満喫されたことと思います。

「一筋の香」として感じられるような人生を歩めたらいいなあと思うところです。
f0042310_102903.jpg

f0042310_1185777.jpg

キッチンガーデンです セロリ チシャ カラシナ タマネギ メキャベツ サヤ豆
楽しんでます。
f0042310_11103076.jpg

ご依頼で制作しました。
[PR]
by felicite_heart | 2013-03-26 11:11 | Comments(0)
<< そっ啄同時(そったくどうじ) 花意竹情(かいちくじょう) >>