夢、幻、泡、影のごとし、露の如く、又雷の如し

日照り続きというのに、彼の地では豪雨にさいなまれ、又夢かと想うばかりの噴火。

一切の有無は、夢、まぼろし、泡、影の如し、露の如く、又いなずまのごとし。
眼を見開き、ことの真意を見極めなければ成らない。(金剛経一節)

お盆はやはり過去&未来感に浸り「これでいいの?」と・・・しばし立ち止まり休憩地点でした。
天変地異のまっただ中にいるイマジンに神様は何をメッセージされているのか?
水と火の激突年にしっかり気付けよと天を持って知らされているように感じます。
自然観を持っている国に住みながら、忘れがちな国民にならないよう、軌道修正を問われている気がします。
そんなまともとは真反対に、自分は変な癖をもっています。
時間に余裕が出来ると隠れ夢を楽しむのです。
今更ですが「いつでも乗り換えられるようにもう一本レールを引きたい!!」
悪い癖で何時も胸はふくらんでいます。
お盆はそんな休憩時間でした。
さあ明日からまた元気に頑張ります。
f0042310_23525099.jpg

フェリシテプリザ ご希望でアレンジ制作致します ご予算、他をどうぞ
f0042310_23543644.jpg

子供花あそび教室 府中公民館で素敵なスイーツデコでテッシュケースができました。
ボランティア担当の方々の細やかな準備のおかげです。
[PR]
by felicite_heart | 2013-08-20 23:57 | Comments(0)
<< 老倒疎慵無事日(ろう とう そ... 把手共行(手をとって、共に行く) >>